seiya

About seiya

この作成者は詳細を入力していません
So far seiya has created 8 blog entries.

肉体と精神と感情の話

By |2017-04-14T21:25:39+09:004月 4th, 2017|Functionトレーナーブログ, お客様の声, トレーニング公開, トレーニング動画, 未分類|

パニックになるのは、考えすぎだから 考えすぎなのは、感情を感じきれていないから 感情を感じきれないのは、本来の自分でいないから だと感じております。 本来の自分は体から取り戻す。 だから、体の調整を行うことを始める。 インナーマッスルを鍛えながら、 姿勢を整える。 すると呼吸が深く、整う。 すると心が落ち着くようになります。 体のバランスを取ると 心のバランスを取ることができる様になる。 それを三ヶ月試してみる。 効果がないなら全額ご返金させて頂きます。 家族のために。 そして自分自信のために。 旦那さんも車での送り迎えだけでも、 すごく大変だと思います。 パニックが改善すると、 お互いの世界がどれだけ変わるか イメージしてみてください。 もっと楽しくなる もっとやりたいことができる もっと愛される そうなると僕は信じています! そうならなければ、 全額返金いたします。 リスクは1つもないと思います。 よかったら 是非お二人で相談に来てください。

トレーナー流の食事法

By |2017-04-14T21:25:39+09:003月 24th, 2017|Functionトレーナーブログ, お客様の声, トレーニング公開, トレーニング動画, 未分類|

* 体質に合う食事法がわかる * 体質によって脂の代謝能力が低いため「低脂肪の食事が合う」や糖質の代謝能力が低いため「炭水化物は控えめに」など、自分の体質に合った食事法を知る事ができます。 →原理原則は同じ。脂肪の役割、糖質の役割が個々で変わるわけはない。 * 自分にあった運動法がわかる * 有酸素運動と無酸素運動どちらが向いているのか?持久力と瞬発力系どちらの運動が良いのか?など適した運動方法がわかります。 →向いてる向いてないはわかるが、ダイエットに効果的なのは皆同じ。 * ダイエット方法がわかる * ダイエットの効果の有無が大きいのは人によって体質が違うからです。 自身の体質を知り、合った食事や運動方法を取り入れることでバランスの良いダイエットが可能になります。 →DNA鑑定をするまでもなくわかりきっている。個々で得意不得意はあるが、原理原則は一緒。栄養素の役割も一緒。

カラダの真実

By |2017-04-14T21:25:39+09:003月 14th, 2017|Functionトレーナーブログ, お客様の声, トレーニング公開, トレーニング動画, 未分類|

・筋肉は20歳からは衰えづつける。だからやらないと格段に老いが早い ・筋肉はせ成長モルモンを分泌させる(つまり若々しくなる) ・はだつや ・髪ツヤ(筋トレしてさらにハゲるということはない) ・爪 ・基礎代謝、新陳代謝があがる ・体温が上がり免疫力が上がる ・運動にはストレス発散の効果が絶大 ・姿勢で呼吸がきまり、酸素量が決まる。酸素は生体維持の根幹。 酸素不足は本人では気づきにくい、万病の元は酸素不足が大きな原因(野口ひでお) ・肩こり、腰痛、偏頭痛、五十肩、反り腰、などの症状を一時的に痛みを取るんじゃなく、根本的に解決する。 ・マシントレーニングはすぐ飽きるけど、ファンクションは楽しい(だからやるならファンクション) ・病院、薬にたよらないカラダになる(救急処置以外)だから将来のお金や時間をかなり節約できる! ・見た目の印象の差!デブとスマートでは、今後見られる人の数(数万人?)分の印象がかわる! ・見た目が変わると、内面も変わり自分に自信がつく! ・姿勢、呼吸が整い、カラダの使い方を身につけることで格段に楽になる。 ・カラダ、ココロが変わることで、いろんなことにトライしたくなり、人生が豊かになる。

◆◆◆FUNCTIONストーリー part 1◆◆◆

By |2017-04-14T22:15:56+09:003月 12th, 2017|Functionトレーナーブログ|

◆◆◆FUNCTIONストーリー part 1◆◆◆ 私は大学を卒業するとすぐ名古屋に就職し、 サラリーマン生活を始めました。 しかし2年ほどで、違和感を感じました。   同じ時間に、同じ満員電車で、会社へ だいたい同じ時間に、同じ電車で家へ   その時は給料を少しでも増やすために 残業をしてました。   その頃ロッククライミングにはまり、 週末はボルダリングジムで、 店番をするようになってました。   会社でPCパチパチするより、 よっぽど楽しかったのを覚えている。   俺は人と接する仕事が好きだ。 ボルダリングジムの仕事を通して、 もっと人の成長に関わりたい! と思った。   それから30歳で沖縄に帰ってきて、 お金のためには働かない。 自分が好きで、できること。 そして相手が喜んでくれること。   最初はクライミングの経験を生かして、 沖縄では初のクライミングガイドをやった。 しかし、知名度的にも低く、危険なイメージ が強いため、なかなか厳しかった。 右往左往しながら、いろいろ考えた。   ビジネスってなんだ? 行き着いたのは、   困っている人がいる その人の困りごとを解決してあげる。 困っている人が喜んだ分の報酬を受け取る。   クライミングをしたくて困っている人は そうそういない。     またまた考えた。